ランドセル選びで喧嘩しないように|女の子をもつパパのランドセルの選び方

女の子とランドセルを楽しく選ぶという素敵な思い出

ランドセル選びで喧嘩しないように

ランドセル

基本的には女の子の好みで選ぶ

まだ子どもだからとパパがリードして決めてあげるのではなく、女の子に選ばせてあげてください。自分で選んだもののほうが気に入りやすいですし、学校へ行くのも楽しくなります。あまりにも奇抜すぎるという場合は、少しずつ軌道修正してあげましょう。

長期間の使用を前提に

女の子の好みで選んでいいといいましたが、パパが機能面や安全面をしっかりみて、基準をクリアしているか最終的に判断してあげてください。6年間このランドセルを楽しく背負っている子どもをイメージしましょう。

女の子のこだわりを理解しよう

まだ小さい子どもだと思うかもしれませんが、女の子は小学校にあがる前にはすでに自分なりのこだわりを持っています。子どもの意見だと思わずに尊重してあげることが、ランドセル選びが上手くいくためのコツなのです。

パパとの意見が合わない事例

色の好みが合わない

色の好みが合わなくて中々決まらないことも多いです。色に関しては固定観念に囚われず、女の子が好きなもので特に問題ありません。自分の好みの色を押し付けると後々問題になる場合もあります。

値段が高過ぎる

ランドセルは高いものでは10万円以上するものもあります。女の子が気に入っても流石にそこまでは手が出ないという場合は、同じようなデザインで素材が違うものを探してみましょう。

女の子の好きな色がない

女の子の好きな色が中々見つからないという場合はインターネットから探してみるといいです。とっても可愛くて値段もお手頃なランドセルがたくさんあります。インターネット販売のランドセルは売り切れも早いので、前年の夏頃からチェックしておきましょう。

広告募集中